【南日本銀行】は金融を通じた地域貢献に対して積極的に取り組んでいます。

金融機関コード(銀行コード):0594
TOP > 資産運用 > 外貨預金 > 外貨普通預金
外貨普通預金

外貨普通預金は、外国通貨建ての期間の定めのない預金です。

  • 円を外貨にする際(預入時)および外貨を円にする際(引出時)は 手数料(例えば、1米ドルあたり1円)がかかります。
    (お預入れおよびお引き出しの際は、手数料分を含んだ為替相場である当行所定のTTSレート(預入時)、TTBレート(引出時)をそれぞれ適用します)。
    したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば1米ドルあたり2円)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる) リスクがあります。

  • 外貨預金には、為替変動リスクがあります。為替相場の変動により、お受け取りの外貨を円換算すると、当初外貨預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
商品名 外貨普通預金
商品概要 外貨通貨建ての、期間の定めない預金です。
預金保険 外貨預金は預金保険の対象外です。
販売対象 法人および個人のお客さま。
期間 期間の定めはありません。
預入
  (1)預入方法
  (2)最低預入額
  (3)預入単位
  (4)預入通貨

随時お預け入れいただけます。
1通貨単位
1補助通貨単位まで預入可能
米ドル
払戻方法 随時払い出し。
利息
  (1)適用利率

  (2)利払方法
  (3)計算方法


変動金利。マーケット環境等により見直しをすることがあります。
毎日の店頭表示の利率を適用します。
毎年2月と8月の当行所定の日にお支払いいたします。
毎日の最終残高について付利単位を原則1通貨単位とした1年を365日とする日割計算。
税金について
  • 利子所得は法人のお客さまは総合課税、個人のお客さまは源泉分離課税(国税15%、地方税5%)として課税されます。
  • お利息はマル優の対象外です。
  • 為替差益への課税
    (法人のお客様) 総合課税
    (個人のお客様) 為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。
    ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。
  • くわしくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申し上げます。
手数料および適用相場 お預け入れ・お引き出し方法や通貨により手数料等が異なるため、手数料等の合計額や計算方法をあらかじめお示しすることはできません。
くわしくは後記「外貨預金のお預け入れとお引き出しに関わる手数料および適用相場」をご覧ください。
付加できる特約事項 ございません。
お問い合わせ先 店頭または下記までお問い合わせください。
事務統括部 金融商品管理G
TEL 099-226-4455
当行が契約している指定紛争解決機関 全国銀行協会
連絡先 全国銀行協会相談室
電話番号 0570-017109 または 03-5252-3772
当行が対象事業者となっている認定投資者保護団体 なし
その他参考となる事項
  • 預入後、為替予約を締結することにより、予約日の受取円貨額を、事前に確定することができます。(この場合、締結した為替予約を使用し予約日に払戻しすることが条件となります。
ページTOP

 

商   号: 株式会社南日本銀行
(登録金融機関)
登録番号: 九州財務局長
(登金) 第8号
加入協会: 日本証券業協会

 

 

南日本銀行個人情報保護法プライバシーポリシー利益相反管理体制についてホームページのご利用について